低炭素社会の構築促進に向けた勉強会

環境省自然環境局より カーボンプライシングの最新動向の発表がありました。

東京都からは環境局、地球環境エネルギー部からは世界一の環境先進都市を目指してキャップ&トレード制度など。

参加者全員が意見を出し合うもので、参考になりました。

私達の植物工場は現在トップレベルの最新の仕組みですが、信頼してくださるみなさんのためにも日々学びを重ねています。


今回発表された、建築物のエネルギー消費に着目した制度の活用の成果は励まされるものでした。



低炭素社会

東京都環境局地球エネルギー部
排出量取引担当課長 宮田博之氏より
(キャップ&トレード)
制度実績:対処会う事業所の総CO2排出量が基準年度から比較して4年間、平成13年度で23%、約950万トンのCO2削減に成功した。
-----
素晴らしい結果報告!やれば出来る!ですね。

 

植物工場の視察は、随時受け付けております。フォームよりお問い合わせください。           ↓    ↓    ↓    ↓