第13回 住環境ビジネス研究会 ご報告

(社)JJK【全国住環境改善事業協会】ビジネス研究会を行いました。

第1部 森林再生プロジェクト会議

第2部 資源循環システム実践報告

第3部 会員相互で持ち寄った環境技術の検証

そして、13時より記者会見を行いました.

私たち全国住環境改善事業協会の活動に、関心を持っていただき、ありがたいです。

 

本日のビジネス研究会では、今後の事業と資源循環システムの展開についてお話しました。

 

資源循環システムを活用し、完熟堆肥を使って高品質で元気な作物を作り、生産者の収入をアップさせます。

 

従事者の事業を活性化し雇用を創出していくビジネスモデルを発表しました。

 

 

 

資源循環システムは、今後の日本に不可欠なものです。

皆さん、とっても熱心に聞いてくださり、私たちも熱が入りました。

 

そして、学生さん、若者達は、「大学を出て20年サラリーマンをやってその後どうなるの?今の社会でやっていけるの?」

悩んでいます。

その様子を見た私たちは、若者が未来に夢を持てる仕組みを考えたのです。

特に過疎地の地域行政とも連携し、日本全体を元気にする意義ある活動です。
関心を持たれたらぜひ、参加してください。

このビジネス展開で全国的にコンサルタント活動を開始します。

未来を担う若者達とともに、日本を元気にしていきましょう。

ぜひ、メンバーの皆さんと手を携えて、日本の環境を変えていきたい!と改めて思いました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。


次回6月13日より(社)JJKの活動は、大学生や一般の若者が参加してのディスカッション形式で行っていくことにしました。

次回もぜひ、ご参加ください。

 


次回6月13日より(社)JJKの活動は、大学生や一般の若者が参加してのディスカッション形式で行っていくことにしました。