持続可能で安心安全な社会をめざすには(第3回「住環境ビジネス研究会」報告)

(社)全国住環境改善事業協会 代表理事 岩倉春長あいさつ

7月12日、第3回「住環境ビジネス研究会」を行いました。(出席者 25名)

はじめに岩倉代表理事より、「当協会をいかに活性化し、直接のビジネスにつなげていくかを再確認し、3.11後、確実に全国が向いている『環境事業』をいかに進めていくか、研究会に参加された皆様の技術・情報をぜひ共有してビジネス構築をしていきましょう」とのあいさつ。

 

全国住環境改善事業協会 ビジネス研究会

JJK会員㈱ZnOラボ長田常務様の関連で、㈱HI-SO(宮城県仙台市)小野社長様のプレゼンに入りました。

 

(1)(社)持続可能で安心安全な社会をめざす新エネルギー活用推進協議会(JASFA)について

(2) e家カルテエコノミーソフトの商品説明

(3)  ハイブリッド・スマート・デバイスの商品説明


について話されました。(1)については当協会とも協力体制をとらせていただくこと(2)(3)については、早速つないでほしいとの企業さんもおいでになりました。


その後は、参加全企業様が一社ずつ前に出て、企業PRを行い、全社PR終了後名刺交換会に移り、各社それぞれ、活気のある交流が行われました。

建築関係のみならず多種多彩な企業様が参加してくださり新鮮なお話もうかがえました。

全国住環境改善事業協会 プレゼン

 

↓以下のような声もいただきました。

 …

●実際ビジネスパートナーとして橋渡しをしてほしい企業があった

●自社のPRをできる場ができたのは良かった。

●出席者相互の交流に活気があった。

 

これからは、全国で登録していただいている企業様への情報発信、ご協力いただけることになった金融機関様ともコラボレーションしていく予定です。

どうぞ皆様も「ビジネス研究会」にご参加し発信の場、ビジネスパートナーをお探しいただく場として、ご活用ください。