被災地向け支援物資直送便の記事が神戸新聞に掲載

被災地向け支援物資直送便の記事が神戸新聞に掲載

↑画像をクリックして拡大

 

4月7日の記者発表で取材された共同通信記事が、配信されました。

 

「横浜に避難した福島・南相馬市の建築士」

「離れても故郷に恩返し」

 

写真は、玉川工務店社長玉川光昭氏(左)と全国住環境改善事業協会代表理事岩倉春長氏の2ショットです。

 

掲載されたおかげさまで布団やくつ、いろいろな支援物資をお送りいただきました。

 

運動靴はサイズもいろいろなので「○○で■■cmの男性用くつが必要」といった細かいニーズに合わせて,届けています。

 

また、鉛筆やノートは重宝です。たくさん集まってきていてうれしく思います。

ただ、鉛筆のキャップと、鉛筆を削る鉛筆削りがないのです。

どなたか、新品の鉛筆削りやキャップをお持ちの方、ぜひお願いいたします。

 

支援物資のほか、支援金も募っています。

南相馬市までの高速費とガソリン代でおよそ2万円かかります(1回につき)。どうかご協力をお願いいたします。