支援物資基地と耐震補強の記事が『建設通信新聞』に掲載されました

支援物資基地と耐震補強の記事が『建設通信新聞』に掲載

↑ 画像をクリックして拡大。

 

右上の記事

「支援物資輸送へ中継基地を設置」(スズコー)

 

下の記事

「特殊セラミックス塗装で耐震補強」(全住協の施工見学会)

 

-----------------(以下抜粋)

施工物件は東日本大震災で被災した横浜市南区の病院。

外壁にコンクリートの約3倍の強度を持たせる特殊セラミックス塗料を塗装し、既存建築物の構造部分に手を加えることなく耐震補強する。工期は10日間程度。協会ではこの技術を、東日本大震災で被災した建築物の修復に役立ててほしいとしている。