全国住環境改善事業協会 発足説明会を行いました

自由が丘にての事業説明会では、 60名程の企業の社長さんの方々が参加して頂きました。

北は山形・西は広島からとずいぶん遠くからご参加頂きました。

私がこれまで取り組んできた 「住む人の健康を第一に考えた家づくり」をテーマに  国がシックハウス対策を法律化した今日もぜんそくやアトピー等シックハウス症候群患者が増大している  その事実を紹介しました。

 

今こそ住まいの環境を改善すべきです。

住む人の健康を回復できた「呼吸する家」の特徴と、 既存の住宅や生活環境を改善する、  

「ナノ・セラミックス」と消臭すず子の活用を伝え、 住まいを健康住宅にすることを事業しようと呼びかけました。

 

・住環境改善事業の設立目的  

①住まいの空気環境を改善することで  より多くの方の健康回復に寄与すること。   ②住環境改善事業を新たな事業とし取り組み企業の売り上げと利益を確保すること。   ③各社が事業に活力を取り戻し、雇用安定と新たな雇用創出をすること

 

などを発表しました。

 

そのほか、新たな省エネ技術の活用等、 これからの時代に合ったビジネスモデルを発表致しました。 参加されたほとんどの方に事業として 取り組む覚悟と決意ををして頂きました。

 

社会に貢献し、人に喜ばれ、 企業が元気を出し活性化する!!   これが全国住環境改善事業協会です。    全国住環境改善事業協会は、本日をもって正式に活動開始いたします。  今後の協会の活動をご期待ください。   宜しくお願いします。